前へ
次へ

結婚式場の下見の平均的な数とは

結婚式場を決める上で下見をすることはとても重要なポイントです。
しかしながら、結婚の準備や仕事など忙しくてあまり多くの数を見て回ることはできません。
結婚式を終えた新郎新婦に対してアンケートを行ったところ、下見をした結婚式場は平均2件というカップルが圧倒的多数を占めました。
そのため、わかったことは予めパンフレットや相談会を利用してある程度下見をする結婚式場を絞っておき、時間を見つけて二人で見学するというパターンが多いことが分かりました。
半数以上の新郎新婦が二人で時間を作り、結婚式場を下見したと解答しています。
しかしながら、中には新郎が仕事で忙しすぎて一緒に見学会に参加することができず、結局実母と二人で式場の見学会に参加したという新婦の方も少なくなかったようです。
このような場合、新郎が新婦に一任する形で式場の検討が行われ、その決定権を新婦が握るというケースも珍しいことではなく、新郎は最終決定を受け入れる形になっています。

Page Top